日本古時計クラブ 月例会


月例会コレクション読み物メモリアルスポンサー

  第142回月例会

  平成21年08月09日(日) 13:00〜17:00 於 大阪大学中之島センター

@ 10 01 09
A 06 05 02
@からくりの懐中 鍛冶屋が金床にハンマーを打ち下ろす。
A金張りのクォーターリピーター JACK WATCH FACTORY の下に箱の絵があり「声金」と書いてある。

(SU氏 蔵)

@A 09 06 01 07
BC 02 08 05 10
D 09 01
パシフィックの懐中時計を持ってきた。甲野時計製作所がおそらくタバンのエボシュを輸入して製作していたが数年で村松時計に引き継がれた。
@珍しい17型
A直線基調のビゾー型ケース
BC16型 特徴的な細いムーン針が付いている ケースも少し角が立っている不思議なケース
Dローマ数字の文字板 ダマスキーンが変わっている。

(owc氏 蔵)

10 09
LUNA 2cmほどの小さな懐中 家に伝わっていたもの 裏のニエロに欠損があったため銀と漆を使って自分で補修した。
(ON氏 蔵)

@A 09 10 05
BC 06 07 01 02
D 08 10
@大型の箱入り商館時計、赤銅の鎖、ハート型の磁石付き
Aベンソンの14K無垢ケース
Bベンソンの銀側ハーフハンター
Cティファニー金無垢ハンターケース
D和前の懐中時計 英国の18世紀後半、鎖引き冠型脱進機ムーブメントに割駒式文字板が付いている饅頭時計

(OK氏 蔵)

10 09 01
無名の金張りのミニッツリピーター ハーフハンターケース 1900年ごろ 超高級品ではないが気に入っている。

(FU氏 蔵)



最新情報 インフォメーション リンク 掲示板